FC2ブログ

(フェイク記事)国語の勉強

こんにちは。セローです。
突然ですが、今日は国語のお勉強です。

四字熟語ってありますよね。
一石二鳥や一所懸命など、日常でもよく使うものから難しいものまで様々です。
実は、船に関係する四字熟語もあるんです。
そのひとつが、「硯池法船
「船」って文字が入ってる。o(≧ω≦)o
でも、難しくて読めない・・・。(´;ω;`)

これは、「けんちほうせん」と読む熟語です。
「硯池」とはすずりのくぼんだ部分。「法船」とは、苦しい現世を渡る船に仏法をたとえた言葉です。
この両者を併せ、精進して来世を願い、経分を静かに写すことをいいます。

漢字が難しければ、意味も難しいですね・・・。

それではみなさん、また次の機会に。

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学問・文化・芸術

オチコ 船に乗って船を見る

暑かった夏もそろそろ終わりを迎え、秋の気配がしてきました
梨やぶどう・・・。どれもおいしそうな果物がたくさん店頭に並び、困ってしまうオチコです

さて、遡ること3か月前になりますが、オチコ初めて「東京湾フェリー」に
してきました。
東京湾フェリーは、三浦半島の久里浜と房総半島の富津市金谷を40分で結んでいる
貨客フェリーです。
今はアクアラインがあるので、利用される方は少なくなったかもしれませんが、
して、フェリーの楽しさを知ってしまったので、ぜひ皆さまにご紹介したいと思いまーす

したのは金谷港
「金谷フェリーサービスセンター」には、房総のおみやげがたくさん揃っているので、
までの時間を十分楽しむことができます

IMG_2583.jpg 

オチコは地元の新鮮な野菜と果物をおみやげに購入し、「びわソフトを堪能しました。
うーん、幸せ~
その後チケットを購入。乗口に向かいます

口には、本格的な自転車やゴルフバックが所狭しと並んでいました。
レジャーを楽しむ多くのひとが利用しているんですね。
いよいよ乗船し、辺りをキョロキョロすると、ここにもおみやげ屋さん発見


IMG_2595.jpg
軽食コーナーもあるので、40分の船旅のお供に困ることもありません

しかも、グリーン車ならぬ「グリーン室」まで
3,000円で貸し切れるなんて、ちょっとした贅沢ですね

IMG_2597.jpg 


中はこんな感じ↓


IMG_2596.jpg 

休日ということもあり、たくさんのお客さんで、座る場所もないほどでした。
大丈夫、オチコは最上階に行っちゃうもんね。

デッキから下を見下ろすと・・・た、高い
日頃乗船する機会のあるボートに比べ、ちょっと怖い気もしますが、とても新鮮な眺めでした。

しばらく進むと・・・、やってきました「浦賀水道航路」
ボート免許をお持ちの方なら誰でも知っている「海上交通安全法」で定められている航路で、
航路幅は1,400m、一日に平均500隻もの大型船が行き来するそうです。
当時、意味も分からずひたすら暗記しましたが、浦賀水道とのご対面に胸はドキドキ
どんな風になっているのかな。

IMG_2625.jpg

段々と、大型船が見えてきました。
貨物船、コンテナ船、タンカー、自動車運搬船・・・と、続々とやってきます


 IMG_2622.jpg

タイミングがあえば、世界の豪華客船を間近で見ることもできるそうです。
大型船をこれだけの至近距離で見ることはなかなかできないので、
船好きなひとには特等席と言えるかもしれません
オチコ、嬉しくて大興奮
 この感動、船好きな皆さんなら、きっとわかっていただけるはず

IMG_2615.jpg 

そうこうしているうちに、無情にもフェリーは航路からどんどん離れて行ってしまいました。
さようなら、大型船たち。
また来るからね

しばらくして、久里浜港へ到着。
あっという間の40分でした。


IMG_2636.jpg 

東京湾フェリーのホームページを見てみると、夏には船上ビアガーデン
フェリーで行くツアーなど、楽しそうなイベント情報や、お得なチケット情報が載っていました。
これは楽しそう
フェリーというと長距離フェリーを想像しがちですが、身近にも、お手軽に楽しめるフェリーが
あるんですね。

これから秋の行楽シーズンですが、みなさまも、ぜひ東京湾フェリーに乗って、
小さな船旅を楽しんでみたらいかがでしょうか

tag : ふね検 おでかけ フェリー

岸壁の母

皆さんご無沙汰しております。ふね☆けんです。
さて久しぶりの話題のテーマは「岸壁の母」

なぜこの題材かと申し上げると先日、この「岸壁の母」の題材となった岸壁に
行ってきたからです。ちなみに岸壁は復元されたものです。
と、この記事を書きながらそもそも若い方は
「岸壁の母」をしらないのではと思いながら
話を進めさせていただくことをご了承下さい

桟橋

皆さんはこの岸壁がどこにあるかご存知ですか?
実は以前「海フェスタ」の際にお邪魔した舞鶴市にあります

わたしもこの歌は母親が歌っていた記憶ある程度で
歌の冒頭「母は来ました 今日も来た・・・・」のみの
記憶しかありませんでしたので、母が家に来た歌なのかなと
思っていましたが、実際は少し違っていました。
詳しくは、
岸壁に近くの「舞鶴引揚記念館」を
訪れていただければと
ちなみにその記念館の中に船の模型が飾っています
是非お時間があれば

hikiage.jpg

ちなみに舞鶴市はいろいろな映画の舞台となっている場所です。
最新映画「アルキメデスの大戦」でも撮影に使われていたようです






安全な航海には欠かせない!? 海図の「高さ」について

みなさんお久しぶりですふね検スタッフのセローです

先日、休日を利用して船で釣りに行ってきました
その際に、釣り場までの航路を確認するために海図を使用しました

ところでみなさんは海図をご覧になったことがありますか

海図には安全な航海ができるように、多くの情報が記載されています。
例えば、沿岸の目標物や障害物、さまざまな物の「高さ」が記載されています。

そこで今回は、海図に記載されている高さの基準面について紹介したいと思います

山の高さ、島の高さ、灯台の高さ・・・・・・・・・・平均水面(長期観測記録によって求められた平均の海面)

水深、干出の高さ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・最低水面(潮が最も下がった状態の海面)

橋の高さ、架空線の高さ・・・・・・・・・・・・・・・・最高水面(潮が最も高くなった状態の海面)

このようにものによって高さの基準面が異なっています
なぜ基準が異なっているのでしょうか

海には潮汐といって、潮の満ち引きがあります
太平洋側や瀬戸内海、九州方面では干満の差は大きく、九州の有明海などでは、数メートルにもなります
そのため、どの海面を基準にして測るかによって、航海に影響を与えてしまいます。

水深と干出の高さは、船の座礁を防ぐため、潮が最も下がった状態の水面を基準としています。
反対に橋の高さや架空線の高さは、衝突を防ぐために潮が最も高くなった状態の水面を基準としています。

このように、船舶が安全に航行できるように基準面を定めているわけですね
みなさんも海図を見る機会があったときは、水深や橋の高さなどの値に注目してみてください

ちなみに釣果はトラギス数匹でした
天ぷらにして美味しくいただきました

tag :

うっちーの小話「アンカーの種類」

どうも皆さん(* ̄0 ̄)/!! クルージングが好きなうっちーです✨

先日、船に乗りクルージングを楽しんでいたらあるものを発見しました。それは「アンカー(錨)」⚓です。

アンカーというと、二つに伸びた爪⚓で海底を掻き、船を止めるというイメージがあります。

しかし私が見たアンカーは平べったくのっぺりとしたものでした。

そこで調べてみるといくつか種類があることを知りました。ここでは皆さんに4つ紹介して行きたいと思います!

①ダンフォース型アンカー
 プレジャー艇では最も一般的でアンカリング効果の高いアンカー!
 海底の凹凸や砂地にめり込む為、砂泥質などの海底に適したアンカー!

②フォールディングアンカー
  4つの爪がチャームポイント! 引っかけるというより重さによって留める。4本の爪を折りたたむとコンパクト!
  底質を選ばないのが特徴ですが、風が強いときは走錨し易いため注意!

③ブルース型アンカー
  ヨーロッパや日本で多く使用されているタイプ!
  また、可動部がないので故障も少なく、丈夫で取り扱いやすい!

④マッシュルーム型アンカー
 小型、軽量でゴムボートや手漕ぎボート、水上オートバイに適しています。
 文字通りキノコ状になっているためアンカーを降ろすのに若干時間が掛かり、比較的引き上げも重い⁉

私が見たのはダンフォース型アンカーということですね。

皆さんも船に乗ったらどんなアンカーを使っているのか見てみるのも面白いかもしれませんね。

それで次の機会にお会いしましょう。

今回のふね検
第16回
令和元年11月10日(日)開催
令和元年10月23日17時まで申込受付中!
テツオ申込
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
船に関する歴史や文化、あるいは船を使った遊びなどについて
楽しく学び、深く、幅広い知識を修得できる検定試験、それが「ふね検」です。
当ブログは「ふね検」スタッフによる公式ブログです。

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック