FC2ブログ

ジャパンフィッシングショー2019inYOKOHAMAのご案内

寒い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
オチコは年末年始にたくわえた脂肪に囲まれ、
風邪もひかず、元気に過ごしています

さて、ふね検
twitterで既にご案内しておりますが、
今年も、
ジャパンフィッシングショー2019inYOKOHAMA

1月18~20日の3日間、パシフィコ横浜にて開催されます。

毎年、当協会もブース出展しておりますが、今回は
“ボートフィッシング”について
釣りに詳しいインストラクターさんが
ブースでお話しします。

どのセミナーも、内容が盛りだくさんになっておりますので、

みなさま、ぜひご参加ください

 

フィッシングショー公式ホームページはこちら↓

 https://www.fishingshow.jp/

 

【セミナースケジュール】

 

19日(土)

11:00~

YAMAHA Sea-styleで楽しむボートフィッシング

13:00~

江戸前ルアーフィッシング

14:30~

相模湾で美味しい魚を釣ろう!

 

20日(日)

11:00~

夏が待ちきれない!人気のターゲット相模湾のマグロ!

13:00~

YAMAHA Sea-styleで楽しむボートフィッシング

14:30~

水上オートバイで攻める!シーバスデイゲーム


 -----------------------------

なお、プレミアステージでもイベントを開催します。

タイトルは「レンタルボートでフリースタイルフィッシング」

レンタルボートフィッシングの楽しみ方や、釣れるポイントの紹介まで、

プロのインストラクターさんがお話します。

これからボートフィッシングを始めてみたい方、必見!

 

併せまして、遊漁船業務主任者講習(19日13:00~)と、
小型船舶免許の
更新・失効講習も開催します。
(19日10:00~更新、20日13:30~更新・失効)

事前申し込みは終了しましたが、まだ定員に空きがありますので

いまから申し込みたい!という方は、ぜひ当協会関東事務所まで

お問い合わせください。
045-201-1222

 

スタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしております



tag : イベント釣りフィッシングショーボート

新年明けましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます

昨年は、誠にありがとうございました。

今年のふね検は11月10日に実施しますのでよろしくお願い致します。


挨拶はここまでで、、、、こんにちわ♪寝正月を満喫した、いしちゃんです

皆さんはどんな正月を過ごしましたか?

今日は船の上で新年をどう過ごすかについてお話したいと思います

これは私の体験談なので他の方と違うかもしれませんが、、、、、

当時私は外航船に乗っていました。

船は港に着いていなければ、24時間ひたすら走り続けます。もちろん正月でもです。

私は8-0ワッチに入っていましたので、ワッチが終わる時間=年越しとなりました。

ワッチ中、VHF(無線設備のこと)からはいろいろな国の陽気な音楽がひしめき合って流れてきます。

みなさん年末年始も仕事で寂しいのでしょう、、、、でも16chは遭難や呼び出しを行う重要なチャンネルですので、いけません!!

そんなことはお構い無しに、歌い始める人もいます。

そんなこんなで時間が過ぎ、0-4ワッチの人と交代し、新年を迎えました。もちろんVHFはお祭り騒ぎ

Happy New YearHappy New YearHappy New YearHappy New Yea・・・・・・・・・・・ahhhなどなど

船内では、ワッチ交代の挨拶が、「良いお年を」や「あけましておめでとうございます」が加わります。

もちろんワッチ交代後、盛大に新年の祝いをしたのは言うまでもありません

そして、元旦の食事メニューはいつも以上に豪華になります。鯛の尾頭付や、雑煮など、ワッチが無い人にはお酒が振る舞われました

船の上でも元旦は贅沢にお祝いをした、いい思い出です

車のレースじゃないよ、レーシングだよ

こんにちわいしちゃんです

早いもので試験が明日となりましたみなさん、勉強は予定通り進んでいますか?

ラストスパート頑張りましょう

最近テレビでF1レースを見て、ふとレーシングについて思い出したので、記事にしました←どんな理由だよ 笑

ってことで、今日はレーシングについてお話します

基本的に船はプロペラを使って水の上を進みます。そのプロペラが水面近く、又は水面上に出てしまうと、プロペラが空転してしまうことがあります

空転が起きると、プロペラの水の抵抗が小さくなるため、急激に回転が速くなります

プロペラはエンジンと繋がっているので、プロペラの空転はプロペラ自身のみならず、軸やエンジンの損傷を招く恐れがあるのです

ですからレーシングしないよう、トリムや喫水を調整する必要があります。

小型船の場合、プロペラにエアが噛んで失速することをベンチレーションといいますが、大型船も小型船もプロペラが水面に近過ぎるといいことがないので、調整してあげましょう

tag : ふね検 検定 レーシング

水上を疾走するオートバイ⁉

みなさんこんにちはふね検スタッフのセローです

私の趣味はバイクに乗ることです(セローという名前もバイクからきてます
バイクに乗ることも楽しいですが、最近は水の上を走る水上オートバイに興味津々です

豪快に水しぶきをあげ、水上を気持ちよさそうに疾走する姿はカッコイイですよね+゚。*(*´∀`*)*。゚+

先日、水上オートバイを間近で見る機会があったのですが、見慣れない部品が多くついていて興味深かったです

今回は水上オートバイの各部品について紹介したいと思います

リボーディングステップ
水中から乗り込むときに、足を掛けて乗り込みやすくする装置。普段はバネの力で格納され、操縦の邪魔にならないようになっています。

ガンネル
桟橋接触時の艇体の損傷を防ぐ防舷物の役割を果たしている船体外周部。一般に樹脂製の緩衝材が取り付けられています。

スポンソン
滑走時の直進加速性や旋回時の操縦安定性を高める役割を果たしています。

ハル
水上オートバイ下部のエンジンやジェットポンプを収めた部分。内部の浮体により転覆しても沈まないようになっています。


今回ご紹介したもの以外にも、多くの部品が水上オートバイにはあります

みなさんも興味があれば、水上オートバイについて調べてみてはいかがでしょうか

tag : ふね検 水上オートバイ 検定

シップ・オブ・ザ・イヤー受賞!「MOL Truth」

みなさんこんにちは 貯まった録画番組を消化しているセローです

先日、録画していた某テレビ局の巨大コンテナ船に同乗するという番組を見ました

船内生活や航海中に発生するトラブル、運んでいるコンテナの中身など、普段知ることができないことだらけで興味深かったです

ぜひ、続編もやってもらいたいです(*´∀`人 ♪

今回の話題は、シップ・オブ・ザ・イヤー2017に選ばれたコンテナ船「MOL Truth」についてです。

「MOL Truth」は愛媛県の今治造船株式会社で建造された、全長400メートル、全幅58.5メートル、載貨重量トン189,766トンの世界最大級のコンテナ船です

コンテナを横に最大23列、縦に最大23段積むことができ、積載コンテナ数20,182TEU(20フィートコンテナ換算)にもなります

高効率のプロペラ設置や低摩擦の塗料活用、低燃費の機関システムの採用など、様々な省エネ技術の採用で、従来船より燃費を2~3割向上させているそうです。

たくさんのコンテナを積んだコンテナ船は巨大で迫力満点ですよね

東京湾や伊勢湾、瀬戸内海などでは、200メートルを超える巨大な船が多く行き交っています。

みなさんも実際に、船の大きさを自分の目で確認してみてはいかがでしょうか

tag : ふね検 コンテナ船 テレビ 巨大船 コンテナ シップ・オブ・ザ・イヤー

次回のふね検
平成31年11月10日(日)開催 ※お申込みが可能になり次第お知らせします。
今回のふね検
平成30年11月11日(日)開催
 検定会場
 受験者特典
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
船に関する歴史や文化、あるいは船を使った遊びなどについて
楽しく学び、深く、幅広い知識を修得できる検定試験、それが「ふね検」です。
当ブログは「ふね検」スタッフによる公式ブログです。

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック