ふね検 読書週間企画 ”船に関するおすすめの本”

終戦間もない1947年に、本にかかわる多くの業界が協力して
「読書の力によって、平和な国家を作ろう」という決意のもと読書週間が定められました。
そして今日では10月27日~11月9日まで、「11月3日の文化の日」を中心とした2週間が読書週間です。
あら偶然!?ふね検の正式名称も「船の『文化』検定です」。
というわけで「船の文化検定」では、みなさんから”船に関するおすすめの本”を大募集します。

無限の可能性を想像した絵本
寝ることを忘れて夢中で読んだ漫画
先人の生き様を学んだ歴史小説
世代を超えて読み継がれる不朽の名作 など

以前にも実施して大好評だったこの企画
ただ単に題名に「船」という字が入っていたから読んでみた でもOK!です。

1.メール または 2.FAX(応募用紙)で
・氏名
・〒・住所
・(船に関する)おすすめの本の名前
・その理由
上記事項を記入していただき、ご応募ください。
締切りは 2015年11月9日(月)です。

受付は終了しております。ご応募ありがとうございました。(下記バナーをクリックしても反応しません。)

メールで応募2 pdfで応募2

応募していただいた方の中から抽選で合計 100名様に
日本郵船浅間丸や伊予丸の絵葉書セットをプレゼントいたします。
※当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。
浅間丸   伊予丸



早稲田大学ラグビー部の海外遠征

ラグビーを見ていて、スクラムを組み合う その瞬間
「ウっ」と息を止めるのは私だけではないと思います。
こんにちは 松のたまころがし です。

前回 紹介した ヤマハラグビーチーム「ジュビロ」の
五郎丸選手や大田尾選手、清宮監督は早稲田大学ラグビー部の出身です。


その清宮監督の著書『最強のコーチング』の中で、
自身が早稲田の監督をしていた頃の
ラグビー部の海外遠征の話が少しでてきますが、
実は日本のラグビーチームとして初めて海外遠征を行ったのは
早稲田大学のラグビー部でした。

1927年に早稲田ラグビーチームはオーストラリアに海外遠征を行いました。
ちなみに当時、公務員の初任給が75円、 
シドニー往復 一等客室の料金は1,100円だったそうです。

学生達にとって、この高額な船賃を工面することは容易ではありませんでした。
そこで、当時のラグビー部の主将が日本郵船で座り込みの割引交渉を実施したところ、
早稲田大学出身の船客課の社員が、後輩の熱い思いに応えるべく、
なんと独断で半額割引きにしました。

そのおかげで一行は、7月に神戸から安芸丸に乗船してオーストラリアに向かことができました。
残念ながら実力の差を埋めることはできず、戦績は奮わなかったそうですが、
この遠征はその後の日本ラグビーの発展に大きく寄与し、
数年後には日本選抜チームもカナダに遠征しました。

ちなみに独断で半額を決定した日本郵船の社員の方は
後日この件が社内でバレて、問題になりクビになりかけたとか・・・

頑張れ!日本ラグビー代表。

ラグビー ~ヤマハジュビロ~

ラグビーワールドカップ2015で大活躍中の
五郎丸選手はヤマハ発動機ラグビー部「ジュビロ」に所属しています。
ジュビロでは、スタンドオフの大田尾選手が、私 松のたまころがし の推しメンです。
ほかにも、今年の夏に甲子園を沸かせた清宮選手のお父さんは、
このヤマハのラグビー部「ジュビロ」の監督です。

「ヤマハ ジュビロ」といえばサッカーが有名ですが、このようにラグビーも負けていません。
同じく、ヤマハといえば「ピアノ」が有名ですが、実は「ボート」も負けていません。
あの有名なNHKのプロジェクトXで「海の革命エンジン 嵐の出漁」として、
ヤマハ発動機の船外機の世界市場を開拓した人々が紹介されました。



ヤマハ発動機は、漁船からプレジャーボートのほか
ヨットや水上オートバイといったハード関係から
船舶免許やレンタルボートといったソフト関連まで
マリンの総合メーカーとしても非常に有名な会社です。

ヤマハさんも出展するボートフェアが2015年10月11日(日)まで
横浜ベイサイドマリーナで開催中です。

横浜ボートフェア

ボートの展示・販売のほかに、色々なイベントが併催されていますが、
ボート免許を取得したい方を対象にした体験乗船会や説明会を実施中です。
体験乗船は当日申し込み可(定員になり次第終了)です。
詳しくは下のバナーをクリックしてください。
ボート無料体験乗船会

ボート免許取得無料説明会

tag : ボートフェア2015

オールブラックスの遠征

お久ぶりです。松のたまころがし です。
ラグビーワールドカップを見ていますか?
イングランド対ウェールズも興奮しましたが、
やっぱり日本対南アフリカでしょう。
歴史的大勝利で、最高の船出をした日本代表。
なんとか決勝トーナメントに進んでほしいですね。
というわけで今回はラグビーに関する話です。

日本の現在の世界ランキングは11位、
世界1位はニュージーランドです。
そう、オールブラックスの愛称で有名ですね。



ニュージーランドは昔からラグビー強国ですが、
南半球にあるため、飛行機のなかった頃は
船を利用して海外遠征を行っていました。
なかでも、1905年にウェリントンの港から
船で英国に向けて出港したチームは、
英国のほかにもアイルランドやフランスなどと対戦し
34勝1敗という無類の強さを誇り、
オリジナル オールブラックスとして特に有名です。

日本には1936年1月に
ニュージーランドの大学選抜ラグビーチームの24名が
日本郵船の北野丸に乗船して長崎に到着しました。

航海中は船上で毎日1時間のトレーニングを行い、
途中に寄港した港では上陸して練習や試合を行いました。

日本では、オール関西のほかに慶応・明治・早稲田といった
現在でもラグビーの強豪として有名な大学と対戦し、勝利を収めました。

北野丸では長い航海の最中、学生や乗船客が退屈しないように、
正月パーティーやすきやきディナーといった日本船らしい催しのほか、
赤道を通る際には赤道横断祭など、いろいろなイベントが開催されました。
また、ニュージーランド大学選抜は
オールブラックスなどが試合前に行う儀式として有名な
「ハカ」を船上で披露したそうです。









夏休みの宿題 読書感想文 無人島に生きる16人

こんにちは 松のたまころがし です

夏休みに苦労する宿題の代表に 読書感想文がありますが、
何が大変って、本を読まなければ始まらないことがまず大変。
できるだけ読みやすい本がいいよね。
そして感想を書きやすい本がいいよね。
というわけで、本日 私がおすすめするのは この本です。

    
無人島に生きる十六人 (新潮文庫)

冒険が大好きな作家として有名な 椎名誠さんも大絶賛!
新潮文庫の100選の一冊です。

作者の須川邦彦氏は 商船学校の航海科を卒業後、商船に乗船し、
東京商船学校校長をされた方です。
この物語はその須川氏が実習生として乗船した練習帆船琴ノ緒丸で、
一等運転士の中川教官から聞いた話です。


この物語は実話で、明治時代に中川教官が船長をしていた龍睡丸が遭難して
乗組員16人が無人島で生活する話です。
難破・遭難・無人島と聞くと暗いイメージがありますが、
この本のストーリーは非常に明るく前向きです。

「スマートで、目先が利いて、几帳面、負けじ魂、これぞ船乗り」
これは船乗りに必要な心構えを表した標語ですが、
まさにこの標語のとおり、船長を中心に乗組員全員で工夫や努力をして、
力をあわせて無人島生活を乗り切る物語です。

船乗りが体験した実話なので、船に関する描写も細かいです。
船の設備や搭載品についてわかりやすく書かれており、
当時の航海の様子や船内生活を詳しく知ることができるので、
冒険にあこがれる少年少女にオススメです。
次回のふね検
平成29年11月12日(日)開催
平成29年7月頃申込受付開始予定です!
第13回ふね検
 平成28年11月13日(日)開催しました!

 検定会場
 受験者特典
 合格発表
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
けんてーごっこ
ふね検定が体験できます!
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック