FC2ブログ

オチコ 「ふね検」受験しまーす

11/13(日)のふね検本番まで、あと一ヶ月となりました。
これまでは問題集を眺めるだけだった方も、
そろそろ本腰を入れ始める頃ですね

実は私、みなさんにこれだけ「ふね検」をお薦めしているにもかかわらず
・・・「ふね検」持っていないんです

毎年問題集を眺めるも、歴史が苦手な私は最初のところで
つまづいてしまい、「まぁいっか」とダラダラ
でも、いつまでもこれじゃいけないと一大決心
ついに初級を受験する決心をしました

今年リニューアルされた問題集「ふね検neo」



パッと人目を引くデザイン
通勤電車のなかで読んでいると、何だか「デキル感」がでちゃう

つり革につかまってしばらく読んでいると
・・・お、重い
きっと何度も書き込みしながら読むことになるし、
これくらいのしっかりした紙が良いのかもしれないけれど
でも!オチコの細腕にはズシリ。
もう少し軽い紙がよかったよ~

読み始めると、歴史嫌いなオチコは早速あくび
3日かかって読み終えたのは、たったの38ページでした
気分転換に「船の運航」を覗いてみると、
うーん、こっちは好きな内容
ぐんぐん読んじゃう。

読んでみて思ったのは、
「船は昔から人々の生活と深い関わりがあって、
色々な知恵や工夫、歴史があるんだなー」ということ。
これから勉強を進めるにつれ、きっともっと船のことを広く深く知って、
船が好きになることでしょう

さて、お話変わって先日のボートフェア。
またまたTさんにお会いしました。

(Tさんとオチコの出会いはコチラ

そして自然な流れで()中上級をお申し込みいただきました
ありがとうございまーす
わたしも勉強頑張りますよー

急に気温がぐっと下がり、ようやく秋らしくなってきました
みなさま風邪などひかないように、「ふね検の秋」を満喫しましょう

オチコ 海の駅「うらり」に行ってきたよ

ご無沙汰しています。
オチコです
緑がまぶしいこの季節、皆さまいかがお過ごしですか?

今回オチコは、神奈川県三浦市にある「うらり」に行ってきました。

「うらり」って、なにと思われる方もいらっしゃるかと思いますが
三浦半島最大級の三崎港産直センターで、新鮮な魚介や野菜
多数販売。

海の駅にもなっていて

(う)を楽(ら)しむ里(り)
魚(う)を楽(ら)しむ里(り)

という意味があるんですって

それ以外にも、を楽しむための水中観光船、城ヶ島へ渡るための渡し舟、
レンタルボートやレンタル自転車
などもあり、一日中を楽しめる人気のスポットです


以前から興味があり、いつかは行ってみたいと思っていましたが、
ゴールデンウィークに、ついに念願が叶いました

「うらり」へは京浜急行線三崎口駅より、バスに乗って行きます。
大好きな京急線、幸せの黄色京急には乗れませんでしたが、ウキウキ
ところが、いつも空いてくるはずの駅まできても、
なかなか座席が空いてきません。

・・・おかしいなー
まさか、みんな三崎口まで行くの
そう、結局みなさんが降りたのは終点の三崎口駅でした。

うらり

・・・これはもしや、「みさきまぐろきっぷの影響
京急では電車・バス・まぐろ食事券・レジャー施設利用券が
セットでお得になっている切符
が出ていて、これが大好評とのこと。
よく見ると、それらしきものを手に持っているひとがたくさん
しまったー普通に乗車券を買ってしまったー

案の上、三崎口駅からのバス停は長蛇の列
すぐ乗れると思っていたバスに、なかなか乗ることができません。
ようやく乗れたと思ったら、今度は道路が混んでいて、なかなか進まず・・・
でもそのお陰で、車窓から一面に広がるキャベツ畑を見ることができました。


今回の旅の目的は
中散歩が楽しめる半潜水式の観光船「にじいろさかな号」
に乗船すること。
船内展望室から、宮川湾のの中を覗くことができるんですよ

でも、スッカリ出遅れたオチコはハラハラドキドキ

ようやく三崎港に到着しましたが、そこからも長い列が・・・

うらり

とりあえず、「にじいろさかな号」乗船場までダッシュ

息を切らしてたどり着いたそこには、無残にも「売り切れました」の看板が
ガッカリ

うらり 

そこに「にじいろさかな号」が帰って来ました。
乗りたかったなー。

うらり

ここまで来たから、せめて何かしら船には乗りたいと思い
城ヶ島への渡舟「白秋」乗り場へ

うらり

しかしこちらも当然50分待ち
仕方ない、今回は諦めるか

はたと周りを見渡せば、ヨットやボートが係留されていていい景色。
気持ちいい~

うらり 

ぐぅ~。なんだかお腹が空いてきた。

気を取り直して産直センターに足を伸ばすと、
三崎のマグロや、野菜が所狭しとと並んでいます。

うらり

ちょっとつまむことのできる「マグロのから揚げ」「サザエのつぼ焼き」なども発見
これはマグロのから揚げと焼きとうもろこしですが・・・)

うらり

これは買うしかないでしょー
海を見ながら三崎の味覚を満喫
はー、おいしい 来て良かったー

BBQ施設も隣接しているので、時間があればこちらも是非楽しんでみたいですね。

産直センター2階はテラスもあり、そこで景色を楽しみながら休憩することもできます。
そして1階にはこんなものまで。

まぐろの顔出しパネルに

20160503_140600.jpg

 

まぐろフィギュアのクレーンゲーム

うらり

これは持ち帰りたい
5回挑戦するも、あとわずかなところでゲットできませんでした
ガッカリ

そんなこんなで、当初の目的は果たせませんでしたが、気が付けば十分三崎を満喫
今度来るときには、みさきまぐろきっぷを買って、
マグロもにじいろさかな号も、楽しむぞ

みなさま是非オチコが乗ることのできなかった「にじいろさかな号」に乗って
ご感想をお寄せください

日差しが強くなってきましたが、紫外線を少し気にしつつ、気持ちのいい外に出て、
初夏の海を思いっきり満喫したいと思います

 

tag :

上級最年少合格者 「BOAT CLUB 2月号」

こんにちは。
オチコです

今年は例年に比べ暖冬傾向で雪不足ですが、最近ようやく冬らしくなってきましたね
スキー大好きな私は、隙あらばゲレンデに行きたくて、ウズウズしています

さて、1月5日に舵社より発売された「BOAT CLUB 2月号」
船の文化検定にて最年少上級合格を果たした、藤井貴大くんの記事が掲載されました。(P146)

ご紹介したいと思います




boatclub1.png

この記事を読んで、「僕も、わたしも頑張るぞという子供たちが増えてくれると
いいな

「BOAT CLUB 2月号」では、他にも「マリーナで行われた、楽しいイベントのご紹介」など、
興味深い記事が盛りだくさん
皆様も、是非書店でお手に取ってご覧ください




東京湾大感謝祭2015

オチコです
先日TBSテレビ「マツコの知らない世界」で「豪華客船の世界」を見ました。
はじめてのぞいた、豪華客船のなか
タイタニックを思わせる豪華なものから、意外にお安い「1泊1万円」の客船まで
船からの景色を楽しむのはもちろん、船内も楽しさ満載。
乗ったら、寝る間も惜しんで遊んでしまいそう
これからの季節はクリスマスクルーズがオススメらしいです
カップルのかたこんなプレゼントも喜ばれるかもしれませんね

さて、今回オチコは、横浜赤レンガ倉庫で行われた東京湾大感謝祭に行ってきました。
東京湾大感謝祭は、都市に住む市民、企業、団体、国、自治体が一緒になって、
海の再生を考え、行動するきっかけを提供する場として、2013年秋に初めて開催されました。
ちなみに第2回の「東京湾大感謝祭2014」は、横浜赤レンガ倉庫とその周辺海上を舞台に
開催され、82,000名の市民や企業、団体、国、自治体の関係者が参加しました。

今年も会場にはゆるキャラが集まったり、釣り体験コーナー、東京湾大落語会、
豪華客船ペア旅行券が当たる抽選会など、楽しいイベントが開かれました

そのなかで私が参加したのは、
「船で海に出てみよう!乗船体験会」

電池推進船、ボート、ヨット、クルーズ船に乗って、横浜港をぐるっと一周してくるというものです

東京湾大感謝祭2015 


↑ こちらは電池推進船 「らいちょう」


まずは、クルーズ船「ジュビロ」へ乗せてもらいました。


東京湾大感謝祭2015

いつもは見慣れた景色も、陸から見るのと海から見るのでは景色が違って見えます。


クルーズ船には関東地方整備局の方が同乗し、横浜港の歴史や、大桟橋の説明などを
解説してくれくださいました。

東京湾内でのゴミや油の回収をしている「べいくりん」は実際に近くまで行って見学でき、

東京湾大感謝祭2015

実際に回収されたゴミには、なんと賽銭箱や冷凍庫などもあるそうです

東京湾大感謝祭2015 

時には丸太などのような、船に当たったら大きく損傷を及ぼすようなゴミが浮いている
こともあり、みなさんの安全な航海を守るために、日々努力されているんですね

知っているようで知らなかったお話に、みなさん「へー。」

ちなみに「べいくりん」の名前の由来は「bay」+「clean」
みなさん、スグに気が付きました
オチコは全く気が付かず、ここでも「へー。」


次に、ヨットの「ユーホリアン」にも乗せていただきました

クルーの方が優しく操船方法を教えてくれて、ヨットのなかを案内してくださったりと
和気あいあいと、とても和やかな雰囲気

日頃は入ることの出来ない山下公園沖も、今回は特別に許可をとっていて
入ることができました。
ヨットから手を振ると、みなさんこちらに手を振り返してくださいました
陸からみてもヨットが珍しかったのかもしれませんね。



 東京湾大感謝祭2015

ボート以上に乗る機会が少ないヨットですが、

一般社団法人ウォーターフロント協会さんによると、
なんと今回体験乗船に使用したヨット「ユーホリアン」の体験乗船会を、
横浜ベイサイドマリーナで実施しているそうです。

ご希望の方は、事前にご連絡くださいとのこと。

 03-3453-4191

なお定員は7名なので、ご家族みなさまでもゆったりと楽しんで頂くことができますよ。

秋の爽やかな季節、東京湾の風をヨットで感じてみてはいかがですか


ヨコハマフローティングヨットショー2015

すっかり秋になり、涼しくなりましたね
会社に来る途中、銀杏がたくさん落ちているので、踏んづけないように
慎重に通勤しているオチコです


さて、10/2(金)、3()、4()と横浜ベイサイドマリーナ
「ヨコハマフローティングヨットショー」に参加してきました。

このイベントはヨットが本来あるべき姿「海に浮かんだ状態で展示される
日本初のヨットショーです。

なんと今年で20回目になるそうですよ。

ヨットショー2015
きらびやかなヨットから、シャープなイメージのヨットまで。

ヨットショー2015

係留中は帆を張ることができないので、代わりに宣伝の旗が・・・

ヨットショー2015 

これもまた、ステキ

また陸上展示のコーナーには、セール、艤装品、おしゃれなマリンウエア、
各種サービスなどのブースも出展。

ヨットショー2015

ヨットファンと、そのご家族やお仲間には見逃せないイベントとなりました

この日はお天気がよく、まさにヨットショー日和。
犬を連れたご夫婦、ご家族連れなどなど、たくさんのお客様がいらしてました。

さて、わたしが道行く人を眺めていると・・・

おや
どこかでお見かけしたことのある方が・・・
思わず声をかけると

なんと Tさん

Tさんとの出会いは、ちょうど一年前のベイサイドマリーナでのボートフェア。

Tさんは、そのときの体験乗船をキッカケに二級船舶免許を取得

その後一級にステップアップ

そして今年4月の千葉県市川市の水上オートバイの体験乗船会をきっかけに、
特殊小型船舶免許を取得

と、なんとも船が好きそうなお方

そして、なぜかそのイベントと試験の受付、すべて私が担当させていただいているという、
ある意味運命のひと

こうなったら次は、ふね検を受けてもらうしかないでしょと、オススメしたところ

「11/15予定があったかも・・・」とスケジュールをチェック

「・・・空いてます

というわけで
その勢いと運命に押されたのか、なんとお申し込みいただくことができました
そうですね、物事、時には勢いも必要です。

お申し込み、ありがとうございます 

こうしてTさんは、船マスターへの階段を一歩一歩上っていくんですね。

今からでも、充分間に合います。
勉強、楽しみながら、がんばってくださいね
氷川丸でお待ちしてまーす

「Tさーん、来年は中・上級ですよ

みなさんも、勉強はかどっていますか?
勉強に疲れたときは、海に出かけて息抜きしましょう

今週末10/9(金)~11()、ヨコハマベイサイドマリーナで、
横浜ボートフェアが開催されます。

免許の取得をお考えの方向けの無料体験乗船会
お子様向けのキャスティングゲームなどなど。


そしてなんと言っても関東エリア最大級の秋のボートショー

夢のようなボートを見ながら、ボーっとしましょう。

それでは

tag : ヨット

次回のふね検
令和2年11月8日(日)開催 ※お申込みが可能になり次第お知らせします。
前回のふね検
令和元年11月10日(日)開催
 検定会場
 合格発表
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
船に関する歴史や文化、あるいは船を使った遊びなどについて
楽しく学び、深く、幅広い知識を修得できる検定試験、それが「ふね検」です。
当ブログは「ふね検」スタッフによる公式ブログです。

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック