FC2ブログ

ジャパンフィッシングショー2019inYOKOHAMAのご案内

寒い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
オチコは年末年始にたくわえた脂肪に囲まれ、
風邪もひかず、元気に過ごしています

さて、ふね検
twitterで既にご案内しておりますが、
今年も、
ジャパンフィッシングショー2019inYOKOHAMA

1月18~20日の3日間、パシフィコ横浜にて開催されます。

毎年、当協会もブース出展しておりますが、今回は
“ボートフィッシング”について
釣りに詳しいインストラクターさんが
ブースでお話しします。

どのセミナーも、内容が盛りだくさんになっておりますので、

みなさま、ぜひご参加ください

 

フィッシングショー公式ホームページはこちら↓

 https://www.fishingshow.jp/

 

【セミナースケジュール】

 

19日(土)

11:00~

YAMAHA Sea-styleで楽しむボートフィッシング

13:00~

江戸前ルアーフィッシング

14:30~

相模湾で美味しい魚を釣ろう!

 

20日(日)

11:00~

夏が待ちきれない!人気のターゲット相模湾のマグロ!

13:00~

YAMAHA Sea-styleで楽しむボートフィッシング

14:30~

水上オートバイで攻める!シーバスデイゲーム


 -----------------------------

なお、プレミアステージでもイベントを開催します。

タイトルは「レンタルボートでフリースタイルフィッシング」

レンタルボートフィッシングの楽しみ方や、釣れるポイントの紹介まで、

プロのインストラクターさんがお話します。

これからボートフィッシングを始めてみたい方、必見!

 

併せまして、遊漁船業務主任者講習(19日13:00~)と、
小型船舶免許の
更新・失効講習も開催します。
(19日10:00~更新、20日13:30~更新・失効)

事前申し込みは終了しましたが、まだ定員に空きがありますので

いまから申し込みたい!という方は、ぜひ当協会関東事務所まで

お問い合わせください。
045-201-1222

 

スタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしております



tag : イベント釣りフィッシングショーボート

第14回ふね検受検者インタビュー@横浜会場 vol.1

ふね検を受検していただいた皆様、
お疲れさまでした

ご無沙汰しております。
オチコです

今回も、横浜会場に行ってきました。
当日はまさに秋晴れの良いお天気で、検定会場となっている
氷川丸周辺では横浜市の花でもあるバラが咲き誇っていました。
うーん、まさにお出かけ日和
じゃなくて検定日和。

ふね検14回氷川丸   

横浜会場の受検者は、初級18名、中上級5名で、
そのうち女性の受検者が7名
年々、女性の姿が多くなってきたように感じました。


さて、恒例の受験者インタビューいってみましょう

どなたにインタビューしようかな?とキョロキョロしていると
なんと開始早々10分程で退室する方が・・・
は、早い
もうこれは、いくしかないでしょう

(初級受検の小峰さま)

ふね検14回氷川丸   

ふね検を受検していただいたキッカケはどんなことですか?

もともと検定を受けるのが好きなんですが、検定サイトで見つけて
おもしろうそうだと思い、受検しました。

資格はどのくらいお持ちなんですか?

60個ほどです。

わぁ、すごい

検定や資格ならなんでも受験、ではなく興味を持ったものしか受けていません。
もともと海が好きなので、今年は一級小型船舶操縦士免許の資格もとりました。
海の見えるところに住んでいるので、ヨットも楽しんでいます。
今後はレンタルボートで海に出たいと思っています


船舶免許取得のときの勉強や、他の検定で培った知識があったので
2週間ほどの勉強で間に合ったとのこと。
とても博学でいらっしゃるんですね


さて、ふね検の良かったところはどんなところですか?

検定場所が「船」、しかも船長のお話まで聞くことができて
とても感動的でした
色々な検定を受けたけど、これはなかなかないですよ~。

そうなんですね。
全ての検定会場を船にするのはなかなか難しいのですが
今後とも出来る限り続けていきたいと思います。

ありがとうございました


次は・・・。
おやあのお兄ちゃん、見覚えが

(中・上級受検の高橋さま)

 ふね検14回氷川丸  


去年初級受検でインタビューに協力していただきましたよね

はい、そうです。
去年6年生のときに初級に合格したので、今年は中上級に挑戦です
(その時の様子はコチラ

中上級になると結構難しくなると思いますが、
どうやって勉強しましたか?


今年は2ヶ月くらいかけて、家庭教師の先生に
いつもの勉強にプラスして教えてもらいました

船が好きだから、勉強してもっと船に深入りしたい。
上級をめざすぞ


今回は氷川丸からの景色を見ようと、望遠鏡を持ってきていて、
検定終了後、氷川丸のデッキから、うれしそうに外の景色を見ていた姿が
とても印象的でした。
(手に持っているのが望遠鏡です)
ありがとうございました。



(初級受検の山口さま)

 ふね検14回氷川丸  

こんにちは!
記念撮影後、船長と色々お話されていましたね。
船のどんなところが好きなんですか?


どんなところ、と言われると難しいですけど・・・。
船の一生というか。
船がいつどこで製造されて、どんな名前がついて、
どこで終わっていくのか。

そういったところがとても興味深いです。

日本郵船歴史博物館 友の会」にも入会しています。


入会金・年会費が無料のうえ、「日本郵船歴史博物館」と
「日本郵船氷川丸の入館料」や、近隣施設の優待割引まであるそうです!

知りませんでしたー


中上級にも挑戦したいと思います!

ありがとうございます。
頑張って挑戦してみてくださーい!

--------------------------------------------------------------

それでは、vol.2に続きます!




「ふね検とってどうするの?」

みなさん、検定お疲れ様でしたー
どうでしたか?実力は十分出し切れましたか?
久しぶりに頭を使ったオチコは、クタクタです。

検定1週間前にようやくneoを読み終え、それをただひたすら繰り返す毎日。
わからなかったところに折り目をつけていたら、いつの間にか
neoの上部が分厚くなっていました
最初の頃は、問題集後ろの答えを確認せずに解説だけを読んで
答えはこれだろう」と進めていましたが、直前になって
思っていた答えと本当の答えが違っていたことに気がついて・・・
どうしようー
途方にくれた前日でした。

そして検定日当日。
横浜会場の空はスッキリ晴れ渡り、いい気持ち

いつもはスタッフとして参加しているふね検も、立場変わって受検生となると
ちょっとドキドキ 気持ちが引き締まります。
この日のために用意した削りたての鉛筆と、
「よく消える」と評判の消しゴムを机の上に並べ、準備

オチコペンケース

説明の後、解答用紙と問題用紙が配られます。
「はい、はじめてくださーい」

初めは問題集どおりの問題が多かったので、スラスラ。
これは、いけるんじゃない
ただ、問題集と選択肢の内容が変わっていたり、解説から出題された問題となると
途端に手がピタッ・・・
問題に対する答えを覚えるだけでは難しいと聞いていていましたが、
まさにその通り。
あー、わからないー

そして問47!
平成28年10月に発表された新しいAKBグループ?
まったくわからないよ・・・

(1)UDN48? これは「うどん」か?
(2)STU48  「ship」のSかなー。
(3)HRS48 と (4)BCN48 に関しては想像さえもつかない。
えーい、(2)にしちゃえ

そんなこんなで検定終了。

外に出た途端、neoで答え合わせ。
何とか合格は出来るかな。

そして問47をインターネットで調べると
瀬戸内48 STU」とあるじゃないですか。
shipのSじゃなくて、瀬戸内のSだったのかー。
でも当たっていたからラッキー

そこへ、今回中・上級受検のTさん発見。
Tさんの持っていた中上級の問題を見ながら
一緒に横浜の海に向かって、答えあわせと反省会。

・・・やっぱり中上級は、軽い気持ちじゃダメだなー。



さて。
「ふね検とって、どうするの?」
よく聞かれる質問です。
考えても考えても自分で答えが出なくて、今回の受検に臨んだのですが、
今回受検してみて出た答えは、
「いいじゃん、自分が楽しいんだから
・・・でした。・・・こんなんじゃダメかしら

もちろん、海や船に関わるお仕事をされている方にとっては、
知識を深めることが出来るし、役に立つこともあるかと思います。
でもそうでない人も、勉強してみると今まで自分が知らなかった世界を
「知る」ことができる。
知識が増えることはとても楽しいし、自分を豊かにしてくれると思います。
それだけで十分じゃないのかなーと
 

ちなみにneoの中でオチコのお気に入り問題は、p241の
「地球上の陸地を全部削って海を埋め立てていくと、地球はどうなるんだろう?」
です。答えを読んで、早速この感動を伝えなくては!と、小学4年生の娘に伝えたところ

「知ってるよ。・・・おかあさん、知らなかったの?」

という答えが。
・・・笑うしかない。


オチコ 「ふね検」まであと一週間

気がつけば、いつの間にか11月に突入。
そして「ふね検」まで、あと1週間
実はまだ、問題集全てに目を通し切れていないオチコです。
本当にどうしよう~

先週、東京湾大感謝祭というイベントに参加しました。
そこで体験乗船会の桟橋お手伝いをしていたときのことです。

「はーい、ではロープをレッコしまーす。」

・・・ん?レッコ?れっこ?劣古?
一体どういう意味なんだろう

答えは「ふね検neo」の83ページにありました。
→レッコは英語の「let go」のことです。
へぇー。そうなんだー
今度、知っていた風な感じで使ってみよう

他にもこんな質問が
「あそこの灯台みたいなもの(管制信号のこと)に表示されている
Fってどういう意味ですか?」

あ!これは読んだばっかりだったから知ってる!
「入出港自由の意味です

とまぁこんな具合に、ふね検の勉強をしていて良かった
思えることがいくつかありました。
知識がついたことで、今まで何気なく見ていた景色が
ほんの少しだけ、深く見えてきました。

まだまだneoを見ずにウンチクを語れるレベルではありませんが、
これからもっと勉強して知識を深めていきたいです

検定事務局では、検定準備もいよいよ大詰めのようで、
用事があって事務局の近くに行こうとすると
「オチコがきたぞ」と、みんなものスゴイ形相でこちらをギロリ
もー、見ないってば
それでもせっかくだから、みなさまにお出しできる情報はないか
聞いてみたところ、一枚の紙を渡されました。

傾向と対策

皆様のお手元にも、受験票と一緒に送られてくるはずです。

「とにかくしっかり問題集(ふね検neo)を読んで、間近のブログは要チェック

だそうです。
まだ間に合う。・・・ハズ。
これからしっかり勉強しなきゃ


オチコ 「ふね検」受験しまーす

11/13(日)のふね検本番まで、あと一ヶ月となりました。
これまでは問題集を眺めるだけだった方も、
そろそろ本腰を入れ始める頃ですね

実は私、みなさんにこれだけ「ふね検」をお薦めしているにもかかわらず
・・・「ふね検」持っていないんです

毎年問題集を眺めるも、歴史が苦手な私は最初のところで
つまづいてしまい、「まぁいっか」とダラダラ
でも、いつまでもこれじゃいけないと一大決心
ついに初級を受験する決心をしました

今年リニューアルされた問題集「ふね検neo」



パッと人目を引くデザイン
通勤電車のなかで読んでいると、何だか「デキル感」がでちゃう

つり革につかまってしばらく読んでいると
・・・お、重い
きっと何度も書き込みしながら読むことになるし、
これくらいのしっかりした紙が良いのかもしれないけれど
でも!オチコの細腕にはズシリ。
もう少し軽い紙がよかったよ~

読み始めると、歴史嫌いなオチコは早速あくび
3日かかって読み終えたのは、たったの38ページでした
気分転換に「船の運航」を覗いてみると、
うーん、こっちは好きな内容
ぐんぐん読んじゃう。

読んでみて思ったのは、
「船は昔から人々の生活と深い関わりがあって、
色々な知恵や工夫、歴史があるんだなー」ということ。
これから勉強を進めるにつれ、きっともっと船のことを広く深く知って、
船が好きになることでしょう

さて、お話変わって先日のボートフェア。
またまたTさんにお会いしました。

(Tさんとオチコの出会いはコチラ

そして自然な流れで()中上級をお申し込みいただきました
ありがとうございまーす
わたしも勉強頑張りますよー

急に気温がぐっと下がり、ようやく秋らしくなってきました
みなさま風邪などひかないように、「ふね検の秋」を満喫しましょう

前回のふね検
平成30年11月11日(日)開催
 検定会場
 受験者特典
今回のふね検
第16回
令和元年11月10日(日)開催
令和元年10月23日17時まで申込受付中!
テツオ申込
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
船に関する歴史や文化、あるいは船を使った遊びなどについて
楽しく学び、深く、幅広い知識を修得できる検定試験、それが「ふね検」です。
当ブログは「ふね検」スタッフによる公式ブログです。

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック