FC2ブログ

水上を疾走するオートバイ⁉

みなさんこんにちはふね検スタッフのセローです

私の趣味はバイクに乗ることです(セローという名前もバイクからきてます
バイクに乗ることも楽しいですが、最近は水の上を走る水上オートバイに興味津々です

豪快に水しぶきをあげ、水上を気持ちよさそうに疾走する姿はカッコイイですよね+゚。*(*´∀`*)*。゚+

先日、水上オートバイを間近で見る機会があったのですが、見慣れない部品が多くついていて興味深かったです

今回は水上オートバイの各部品について紹介したいと思います

リボーディングステップ
水中から乗り込むときに、足を掛けて乗り込みやすくする装置。普段はバネの力で格納され、操縦の邪魔にならないようになっています。

ガンネル
桟橋接触時の艇体の損傷を防ぐ防舷物の役割を果たしている船体外周部。一般に樹脂製の緩衝材が取り付けられています。

スポンソン
滑走時の直進加速性や旋回時の操縦安定性を高める役割を果たしています。

ハル
水上オートバイ下部のエンジンやジェットポンプを収めた部分。内部の浮体により転覆しても沈まないようになっています。


今回ご紹介したもの以外にも、多くの部品が水上オートバイにはあります

みなさんも興味があれば、水上オートバイについて調べてみてはいかがでしょうか

tag : ふね検 水上オートバイ 検定

シップ・オブ・ザ・イヤー受賞!「MOL Truth」

みなさんこんにちは 貯まった録画番組を消化しているセローです

先日、録画していた某テレビ局の巨大コンテナ船に同乗するという番組を見ました

船内生活や航海中に発生するトラブル、運んでいるコンテナの中身など、普段知ることができないことだらけで興味深かったです

ぜひ、続編もやってもらいたいです(*´∀`人 ♪

今回の話題は、シップ・オブ・ザ・イヤー2017に選ばれたコンテナ船「MOL Truth」についてです。

「MOL Truth」は愛媛県の今治造船株式会社で建造された、全長400メートル、全幅58.5メートル、載貨重量トン189,766トンの世界最大級のコンテナ船です

コンテナを横に最大23列、縦に最大23段積むことができ、積載コンテナ数20,182TEU(20フィートコンテナ換算)にもなります

高効率のプロペラ設置や低摩擦の塗料活用、低燃費の機関システムの採用など、様々な省エネ技術の採用で、従来船より燃費を2~3割向上させているそうです。

たくさんのコンテナを積んだコンテナ船は巨大で迫力満点ですよね

東京湾や伊勢湾、瀬戸内海などでは、200メートルを超える巨大な船が多く行き交っています。

みなさんも実際に、船の大きさを自分の目で確認してみてはいかがでしょうか

tag : ふね検 コンテナ船 テレビ 巨大船 コンテナ シップ・オブ・ザ・イヤー

早いもの勝ちで決まった⁉日本の「標準」

みなさんこんにちは最近海外のバイクレースにハマっているセローです

日本とレース開催地との間に時差があるので、リアルタイムで見ようとすると、深夜まで起きていないといけないので大変です

ところでみなさんは日本の標準時がどのようにして決められているかご存知でしょうか

日本の標準時は英国の旧グリニッジ天文台を通る子午線を基準にして決められています。

東西にそれぞれ180度まであり、日本の標準時は兵庫県明石市を通る東経135度の子午線を基準としています。

ここまでの話は、多くの人が知っていたのではないかと思いますが、東経135度の子午線が通る市が複数あるにも関わらず、なぜ兵庫県明石市が標準なのかご存知でしょうか

実は、一番は早く子午線を表す標識を建てたからなのですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

明治43(1910)年、当時の小学校の先生たちがお金を出して日本で最初の子午線標識を建てました。

それ以降、明石市が日本時間の基準であることを着々とアピールし、子午線上に明石市立天文科学館が建てるなど、日本の標準時の町としての地位を確立しました。

明石市には上記のもの以外にもさまざまなユニークな標識や標柱があります。

みなさんも訪れてみてはいかがでしょうか


明石市 連載 明石のたからもの-2 子午線標識
https://www.city.akashi.lg.jp/seisaku/seisaku_shitsu/20130601_takaramono_2.html

tag : 検定 兵庫県 明石市 標準時 東経135度 イベント アンカー 名古屋

はじめまして!セローです!

はじめまして 今回からふね検スタッフに仲間入りしたセローです

よろしくお願いします(´∀`*;)ゞ

最近は過ごしやすい日が続いていますが、みなさんは秋の夜長を有意義に過ごせているでしょうか

セローは、寝てばっかりであまり有意義に過ごせていません

ふね検本番まで2週間を切りましたので、秋の夜長を活用して対策をしていきましょう

さて、今日の話題はコンクリート船についてです。

コンクリート船と聞いて多くの方は「コンクリートを運ぶ船」を想像するかもしれませんが、なんとコンクリートで出来ている船のことですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

コンクリートで出来た船が水に浮くことが信じられない人もいると思いますが、材料が安上がりなことから、物資が不足していた戦時中に各国で建造されました。

なんとそのコンクリート船が日本にも現存しています

その船の名前は武智丸といい、現在は広島県呉市安浦町の安浦漁港の防波堤として余生を過ごしています。

武智丸は戦時中、貨物船として活躍しました。

金属でできた船が水に浮くのも不思議ですが、コンクリートでできた船が浮くのはさらに不思議ですね
もしかしたら、新しい材料でできた船がこれから出てくるかもしれないですね

興味がある方は訪れてみてはいかがでしょうか


安浦町まちづくり協議会 コンクリート船 武智丸
http://www.yasuura-yumekobo.com/know/knowdata/iseki/iseki001.html

tag : 検定 観光 歴史 広島 コンクリート船 史跡 廃墟 防波堤

次回のふね検
平成31年11月10日(日)開催 ※お申込みが可能になり次第お知らせします。
今回のふね検
平成30年11月11日(日)開催
 検定会場
 受験者特典
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
船に関する歴史や文化、あるいは船を使った遊びなどについて
楽しく学び、深く、幅広い知識を修得できる検定試験、それが「ふね検」です。
当ブログは「ふね検」スタッフによる公式ブログです。

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック