捕鯨船チャールズ・W・モーガン号

残暑お見舞い申し上げます。
残暑に負けそうな松のたまころがしです。

今回の話題は帆船時代の捕鯨船

チャールズ・W・モーガン号
約80年に渡って捕鯨の世界で活躍し、
往年の姿で現存する木造捕鯨船です。

チャールズ・W・モーガン4
(チャールズ・W・モーガン号  写真提供:船の科学館)

チャールズ・W・モーガン号は1841年に
ニュー・ベドフォードで造られたアメリカ式木造捕鯨船で、
当初は3本のマストすべてが横帆のシップ型でしたが、
のちにミズンマストが縦帆のバーク型に改装されました。

約52,000ドルで建造された船でしたが、
最初の航海(約3年)で、56,000ドル相当の鯨骨と鯨油を持ち帰るという
離れ業をやってのけました。
当時の捕鯨船の1航海は約3~4年程度でした。

さらにこの船は引退するまでの約80年の間に37回航海をして、
一度も海難に遭ったことのない強運な船です。

引退後はニュー・ベドフォードに近いダートマスで博物館として公開された後、
ミスティック・シーポートというところへ移送、展示されて余生を送っています。


船の特徴として、
外舷にはプラットフォームとよばれる板があります。
この板に作業員が乗って降下し、クジラの脂肪きりだす作業の際の足場にします。
charleswmorgan2
(写真はチャールズ・W・モーガン号の模型です)
charleswmorgan3
船体中央部には、切り出したクジラの脂肪を溶かして精製する鯨油精油炉があります。

charleswmorgan1
(上の写真はチャールズ・W・モーガン号の模型です)
船尾にはアメリカの象徴であるワシがついていて、船名と母港が記載されています。


これらチャールズ・W・モーガン号の特徴を備えた模型です。
 
チャールズ・W・モーガン・限定版(Charles W. Morgan Limited)  完成品  1/42
 

お値段は・・・・ 私にはちょっとムリです。興味がある方は上の画像をクリックしてみてください。

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 木造捕鯨船 船の模型

受験票 発送しました

昨晩(8/27) 受験票を発送しました。
    sarus.gif  


今頃 郵便局の方が大急ぎで配達中だと思いますので、
 間もなく到着すると思います・・・

フェリー船内見学のお知らせ

北九州市門司会場からの お知らせです。

フェリーせっつ

検定終了後、ブリッジ(操舵室)など
通常は入れない所の船内見学を行う予定です。 

みんな楽しみにしていてね!
台風など都合により中止になる場合があります。

tag : 船内見学 ブリッジ

夏休みの読書感想文 おススメの本その7

 こんにちわ
 夏休みもいよいよ終盤(え、もう終わっている?)宿題もラストスパートです。
 読書感想文は書けましたか?

 前回紹介したJ.ヴェルヌ氏はH.Gウェルズとともに「SFの父」とも呼ばれる方です。
 この先生のもうひとつの代表作が



海底二万里
 19世紀中頃、謎の巨大怪物が多くの船舶に目撃されるという怪事件が続く中、生物学者の
アロナックス
は調査に向かうアメリカの軍艦「エイブラハム リンカーン号」に乗船するが、軍艦
が怪物の攻撃を受け助手のコンセーユ、銛打ちのネッド・ランドとともに海に投げ出されれてしまう。
 3人はこの怪物(「潜水艦ノーチラス号」)のネモ船長に救助され(捕虜になり)、彼らとともに海底を
旅することになる。

 ノーチラス号で行く海の世界(アトランティスの遺跡に行ったり氷海に閉じ込めらられたり、大蛸と
戦ったり)慈悲深いのか冷徹なのか判らないネモ船長の謎・・・ドキドキ、ハラハラ、です。
 こちらも子供向けから大人向けまでいろんな出版社から翻訳本が出ています。
 ネモ船長のその後が知りたい方はぜひ「神秘の島」も読んでみて下さい。
 
 ちなみに千葉県浦安市にある某テーマパークのアトラクション「ミステリアスアイランド」は
この後日談をモチーフにしているそうです。

テーマ : 夏休みの宿題 - ジャンル : 学校・教育

夏休み読書感想文 おススメ本その6

こんにちわ
読書感想文はあまり得意でなかったありの実なし子です。

突然ですが、ジュール.ヴェルヌをご存知ですか?
19世紀のフランスの小説家です。

この先生の作品で日本でもっとも有名な児童文学、読書感想文の定番が
こちらではないでしょうか
まだという方はぜひ呼んでみてください。



「二年間の休暇(日本名「十五少年漂流記」)」(J.ヴェルヌ 福音館書店他)
原因不明の事故により子供だけを乗せて嵐の海に流されてしまった「スラウギ号」。
漂着した見知らぬ土地(無人島)で15人の子供だけの二年間の生活が始まる。

 トラブルあり、民族間(?)対立ありですが、「雨降って地かたまる」的展開と
彼らの成長が読んでいて面白いです。
 小さな子供向けから大人向けまで、いろんな出版社から翻訳本がでています。
(本屋さんに行ったら大体おいてあります)

最後に、良い子の皆さん、係留ロープはいたずらしちゃいけませんよ!
大変なことになりますからね・・・

テーマ : 夏休みの宿題 - ジャンル : 学校・教育

夏休みの読書感想文 おススメの本その5

こんにちは、宿題がんばってますか?
今回はよふかっしーさんからおススメ本を紹介します



「孤島の冒険」 (N.ブヌーコフ著 初版童心社 現在フォア文庫で出版)
夏休み、14歳のサーシャは、
海洋生物調査船のデッキから大波にさらわれてしまいました。

泳ぎついた無人島で、サーシャはたったひとりで、厳しい自然に立ち向かい生き抜きます。
実話をもとにした冒険物語です。

生まれて14年間の知識をかき集めて考え
一生懸命からだを動かしているサーシャの姿に
自分も日々を大切に生きようという気持ちになります。
少年の生き抜こうという意志が、どんな試練にあってもゆるがないのにも胸をうたれました。

作者は24年前、
「この本が 原爆被爆から立ち直った尊敬する日本で出版されることがうれしい」とメッセージを寄せています。
今、東北大震災からの復興途上にある日本人に
この物語で生きる力を与えられたとしたら 喜ぶことだろうなと思いました。

読んだあとに、
「サーシャみたいに頑張れるかな?」
「無人島で、ほんとうに役立つものって何かな?」
「帰って来られたら一番に何を食べる?」
と親子で話をして楽しかったです

ニックネーム:よふかっしー
 活動時間:午前0時以降
 活動場所:リビングの座椅子の上
 活動内容:子どもには刺激の強い海外ドラマの鑑賞
 昼寝は2時間しっかりが地道な活動の秘訣

tag : 孤島の冒険 海洋調査船 実話

夏休みの読書感想文 おススメ本その4

こんにちは
ふっちーがおススメするもう一冊はこちらです



シー・ペリル号の冒険(P.ターナー 岩波書店)
ちいさな田舎町ダーンリー・ミルズの個性の違う3人の中学生が活躍する物語です。
(シリース第3弾です、前作、前々作もどうぞ)

科学の好きなペーター
クリケット選手のアーサー
大工の息子で器用なデイビッド
3人はおんぼろ平底船を買って、自転車駆動の外輪船に改造しようとします。

それでも日常生活には事件がいっぱい
歴史の先生の発掘調査を手伝ったり、
クリケットの試合に出たり、
だんだん町の大きな問題や事件に巻き込まれていきます。

中学生なりに考えたり、正義を通したりするうちに、
いつのまにか大人たちを動かし大きな力になっていきます。

おもしろい冒険をしようとする中学生たちに、
まわりの大人はさりげなく助け舟を出したり、援助してくれたりします。
なんだかこんな田舎町のコミュニティ観がここちいい物語でした。

ナンタケット島と捕鯨船

こんにちわ、松のたまころがしです。
今回はおススメ本その3に出てきました、ナンタケット島について

ナンタケット島はアメリカ東海岸のマサチューセッツにある小さな島です。
ナンタケット.jpg
淡路島よりも小さい島なのですが、
この小さな島が17世紀ごろに世界の捕鯨の中心地として栄えました。

マッコウクジラの頭部には鯨蝋と呼ばれる
ロウソクの原料となる油が大量につまっています。
この油は悪臭がなく、きれいに燃えるので、非常に高値で取引されており、
それ故ナンタケット島を中心とするマッコウクジラ産業は大いに繁栄しました。

18世紀後半になると人々は
回遊するマッコウクジラを遠洋まで追っていくために、より大型の船をつくり始めました。
しかしながらナンタケット島の入り口は水深が浅かったため、
このような大型船が入港できず、島の捕鯨は徐々に衰退し、
南洋捕鯨の中心地は ニュー・ベドフォードに移っていきました。


大きな地図で見る
ナンタケットの捕鯨博物館です。

現在はこの歴史的な街並みや美しい自然が
アメリカのセレブに人気の避暑地となっているそうです。

夏休みの読書感想文 おススメの本その3

 ナンタケットの夜鳥
 
このお話はジョーン・エイキンの有名なダイドーの冒険シリーズの番外編で、
ダイドーが友達のサイモンを助けるために忍び込んだ船で火事に遭い、
海に投げ出された後、意識を失ったまま捕鯨船に救い上げられたところから始まります。  

八か月の間眠り続けるダイドーを捕鯨船の少年乗組員ネイトが世話をします。
目が覚めたダイドーは船室に閉じこもる船長の娘ペンを甲板に出られるようにする任務を任されます。
家に帰りたい気持ちを我慢しながら一生懸命ペンを助けようとします。

さまざまな事件が起こる中、ダイドーはどんな困難にも勇気と知恵をふるって立ち向かいます。
そんなダイドーネイトはいっしょに戦い、弱虫だったペンもだんだん勇気をもって立ち上がります。

ダイドーたちが乗る船は捕鯨船という特殊な船です。
大きなクジラを捕まえ船の中で鯨油をとります。
その勇ましい船員たちのはたらきぶりも圧巻です。

ナンタケット島はアメリカ東海岸にある島で、かつては世界有数の捕鯨港でした。

 ニックネーム:ふっちー
 モットー:直球 で攻めて来んかい

テーマ : 児童文学・童話・絵本 - ジャンル : 小説・文学

tag : ナンタケットの夜鳥 捕鯨船

たくま港まつり

                日本丸だ~ヨット デコメ絵文字

      日本丸

 

714日~16たくま港まつりに来航していた日本丸ですごきげんにこちゃん デコメ絵文字

 

 

みなさん バイバイ(^з^)-☆ デコメ絵文字こんにちは デコメ絵文字

秘密 デコメ絵文字密かに船好きのきさらぎ~なです

 

 

憧れのセイルドリル音符とハート デコメ絵文字

この目で見てみたいってずっと思っていたんです

 

14日にセイルドリルが行われると聞き 行ってまいりました ダッシュ! デコメ絵文字

その様子をほんの少しレポートしてみますはじける! デコメ絵文字

 

 

帆船会場には駐車場 デコメ絵文字がないとの事

 

いくつか設けられている駐車場からバスで移動バス デコメ絵文字ダッシュ デコメ絵文字

 

 

わくわくわくわく…わくわく デコメ絵文字流 ワクワク デコメ絵文字

 

 

 

事前に持っていたプログラムと何かが違う …(ぶた) デコメ絵文字 

          セイルドリル横線目 デコメ絵文字

             三豊市たくま港まつり

 

悪天候の為中止になったんだそうです曇り デコメ絵文字

               ちょっぴりがっかりしたのですが…ゆるかわ しょぼーん デコメ絵文字

その代りに船内見学14日にも開催  やったぁ デコメ絵文字やった デコメ絵文字

 

 

 

帆船に乗れるなんて人生初はじける! デコメ絵文字


日本丸  

心躍りながら踊るパンダ デコメ絵文字足を踏み入れると…礼儀正しい学生さんたち

 
             あまりの感じよさに
人見知り度数パワーアップドキドキ の画像

 

         日本丸ロープ 

 ロープがすりきれないように布で巻いてあったり

            日本丸

           毎日ヤシの実で磨いたり

         看板

     こんなかわいい看板?もあったり

            舵
こんなに大きい舵で操舵するの??と思ったけど聞けなくて…

他の人が学生さんに質問しているのを近くで聞いてへぇと思うことばかりでしたうんうん デコメ絵文字

 

 

 

ふねけんスタッフも昔はこんな学生さんだったんだろうな~ムシューダ デコメ絵文字 

このまま大きくなってくれたらいいのにな~ お願い デコメ絵文字

 

 

 

 

 

 

 

 

高松からあまり出たことのない私にとって
      三豊市の景色は目新しいものがたくさんねこ/キョロキョロ デコメ絵文字

 

町のあちこちに浦島太郎 浦島太郎 デコメ絵文字  浦島太郎 デコメ絵文字  浦島太郎 デコメ絵文字 を思わせるものがはじける! デコメ絵文字 

    香川県三豊市     香川県三豊市         香川県三豊市

後で調べてみると
浦島太郎の伝説の地と言われている場所が日本国内に十数カ所あり
その一つに三豊市詫間町も入っているんだそうです → デコメ絵文字 パソコン デコメ絵文字
 


tag : 日本丸 セイルドリル 詫間 浦島太郎

今回のふね検
平成29年11月12日(日)開催
 検定会場
 受験者特典
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック