【海上保安大学 練習船「こじま」 一般公開見学 Part.2】

【海上保安大学 練習船「こじま」 一般公開見学 Part.2】

Part.1より続きます。

上甲板からサイドタラップを上がり、一足飛びに航海船橋に移動しました。

航海用船橋①
写真手間から航海用レーダー〈黄色○〉、エンジンテレグラフ(機関指示盤)〈黄色□〉、
操舵装置(黄色△)、電子海図表示装置“ECDIS”〈赤□〉。
ECDISについては国際航海に従事する総トン数500t以上の旅客船・3000t以上のタンカー・
貨物船は搭載が義務化されており、乗組みの航海士はECDIS対応型の海技免状を受ける必要があります。
国土交通省の案内

舶用アンテナ

マストにはアンテナ群です。航海用SバンドとXバンドレーダーも見えますが、インマルサットアンテナに
方向探知ループアンテナなども見えます。
海自の護衛艦は、更に多数のアンテナが配置されていますので、比較してみると面白いかもしれません。

船尾甲板
甲板外側をぐるりと一周して船尾甲板です。こじまはヘリコプター搭載型の巡視船ではありませんので、
船体後部に格納庫はありませんが離着艦用のヘリコプター甲板が設置されていて、遠洋航海中は体操
や運動会、赤道通過祭など多目的に使用されると推測されます。
北海道の秋空は、突き抜けるほどに清々しく青く広大で、夜には空の星が降るのを体験できます。
(最近話題の映画のように、本当に星が降ってくると大変ですが!?)

こじま煙突
特徴のある青い煙突は、海上から一目で海保の巡視船と確認できます。
この煙突には帽子のつばの様に除煙整流板が後方に伸びてます。
煙突からの排煙を、斜め上後方に流して、降灰と排熱をできるだけ
防ぐためのガイドプレートです。
この煙の問題は、昔から造船設計者はじめ頭を悩ませる話で、
航空母艦の排煙などは良い一例として、ふね検の問題が一問出来る類のものです。


(以下Part.3に続く)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

今回のふね検
平成29年11月12日(日)開催
 検定会場
 受験者特典
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック