船と水のお話

こんにちは、ふね検スタッフのしいがるです。
 
先週、北海道でも気温が30℃を超えたみたいですね。
こんなにも蒸し暑い日が続くと、頭から水をかぶってクールダウンしたくなります。

今回はそんな「水」についてのお話です

昔から、「船で真水は貴重品」と言われてきました。昔の人は雨水を貯めたり、安全な水が補給できる土地を確保したりと涙ぐましい努力をしていたそうです。
洋上は「周囲は海で水に囲まれているのに、それを飲めない。」状況とも形容され、かつて船での生活は命がけだったのです。

その苦況は「造水機」の登場により一変しました。造水機は、簡単に言えば汲み上げた海水を沸騰させて、蒸留の原理で綺麗な真水を作り出す仕組みになっています。(フラッシュ方式の場合)
 
真水のことを船の世界では清水(せいすい)と呼びます。清水にはお風呂や掃除などに使う「雑用清水(ざつようせいすい)」と、直接飲む用途や料理に使用する「飲料水(いんりょうすい)」に分かれており、特に飲料水にはお腹を壊さないようミネラルの量を調整することや、病気にならないように塩素で消毒すること、タンクを清潔にすることなど、衛生上の観点から厳しい規則が定められています。

ただし現代でも作り出せる清水の量には限りがあります。客船やフェリーなど、人数の多い船は寄港地で積み込まないと、水作りが間に合わないそうです。

私が船に乗っていたころは、お風呂が海水でした。やはり入浴が一番水を使うようです。

陸でも海でも、節水は大切ですね!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

次回のふね検
第14回
平成29年11月12日(日)開催
現在、申込受付中!
テツオ申込
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
前回のふね検
第13回
平成28年11月13日(日)
開催しました!

 検定会場
 受験者特典
 合格発表
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
けんてーごっこ
ふね検定が体験できます!
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック