【特集記事】瀬戸内海にかかる橋 第2回 大鳴門橋

大鳴門橋

800px-Big_Naruto_Bridge04n3872.jpg

 大鳴門橋は、淡路島の南あわじ市と徳島県鳴門市の間にある長さ1629mの吊り橋です。前回ご紹介した「明石海峡大橋」と合わせて神戸淡路鳴門自動車道(神戸・鳴門ルート)の一部分であり、本州と四国をつなぐ道路の最も東側にあるルートを構成しています。橋の真下は鳴門海峡と呼ばれ、「鳴門の渦潮」が発生するほど潮の流れが速いことで有名です。(後述)

四国新幹線計画

  
 Oh_Naruto_Bridge_inside.jpg
 大鳴門橋は、道路部分の下に鉄道を通すことができる設計となっています。それは京阪神と四国を結ぶ「四国新幹線」という計画があるためで、写真のようにスペースを空けてあります。しかし明石海峡大橋はそのような設計にならなかった為、鳴門海峡を通るルートで建設する場合は淡路島と和歌山県の間の紀淡海峡と呼ばれる場所にトンネルを掘ることになるそうです。



鳴門海峡の渦潮

 1280px-Naruto_Whirlpools_taken_4-21-2008.jpg
 さて、鳴門海峡といえば「渦潮」のお話をしないわけにはいきません。渦潮は、瀬戸内海と太平洋との海面の高さの差によって高い方から低い方へ速い水の流れができ、発生します。渦潮は1日に2回見ることができ、直径は最大で30mになります。
 渦ができるほど流れが速いので、船が海峡を通過する際、潮流に押されて操船不能になることもあります。そのため徳島海上保安部では、航行する船に対して注意を促しています。


渦潮オススメポイント ~鳴門の渦潮、上から見るか?下から見るか?~

 【上から】
 1024px-Naruto_Whirlpools_from_the_Uzunomichi.jpg
 道路の下の空間に「渦の道」という遊歩道があり、海面上約45mの高さから渦潮を鑑賞できます。渦の道は、一部が写真のようにガラス張りになっています。 

 【下から】
Wonder-Naruto_DSCN3024_20120503.jpg
「観潮船(かんちょうせん)」という遊覧船に乗れば、間近で渦潮を見ることができます。
いくつかの会社がそれぞれ特色ある観潮船を運航しており、
非常にスリルある渦潮見物が可能です!



橋桁はなぜ髙いのか
 
 ところで、海面から橋桁の一番下まで45mあるというわけですが、なぜでしょうか?
 それは「橋桁の下に船を通すため」です。
 海上交通に制約を極力与えないように、重要な航路のある場所に橋を架ける際は、高さを確保しなければなりません。


参考:主要な航路にかかる橋の、海面から橋桁までの高さ
明石海峡大橋   :65m
レインボーブリッジ:52m
関門橋       :61m

※これだけの高さがあっても、客船がレインボーブリッジをくぐれず、干潮の時間帯にかろうじて通過できたということもあります。

(画像出典:Wikimedia commons)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

次回のふね検
第14回
平成29年11月12日(日)開催
現在、申込受付中!
テツオ申込
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
前回のふね検
第13回
平成28年11月13日(日)
開催しました!

 検定会場
 受験者特典
 合格発表
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック