スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふね遺産

皆さんご無沙汰しております。ふね★けんです。
本試験も終わり間もないですが、各担当は次回情報収集中です

さて皆さん「ふね遺産」をご存知ですか。
これは、日本船舶海洋工学会が、永く日本の産業や文化を支え、歴史的
技術的に価値のある船舟類を認定するもので平成29年7月に第1回の認定式が
行われたばかりです。
認定された「ふね遺産」の中には横浜市の帆船日本丸や旧浦賀船渠などが認定されたのですが、
今回はその中の一つで、株式会社商船三井さんが所有している

<金華山丸のブリッジ設置機関制御コンソール>を見学してきました。
ブログ用金華丸2


このブログを見ていただいてる方は、船が大好きな方が多いと思いますので
すこし専門的な用語でお話をさせて頂きますが

金華山丸以前はブリッジからエンジンテレグラフ

(※エンジンテレグラフは前進、後進の指示や速力の増減などを支持するレバー。
映画などで船長が全速前進や微速後進などの命令を出した際に操作するレバー
と思っていただければわかりやすいかな)


によって機関室に指示を伝え、直接エンジンを操作していました。

しかし、このブリッジに設置した制御コンソールがあれば
ブリッジにてエンジンの操作が出来るようになったのです。

このコンソールの登場により、船員不足問題の解消につながったとされています。

これらのことが認められ、世界最初の機関自動化船として
金華山丸のコンソールが今回認定されました

ブログ用金華丸3

ちなみに、商船三井さんですが2009年に「船舶維新」のプロジェクトのもと
様々な次世代船の計画を行っており
ふね検NEOの問題集にも掲載されている「ウインドチャレンジャー計画」にも大きく
かかわっています。

担当者の方にお話頂いた、純国産(今治造船)では最大の20000TEUのコンテナ船も
運行中とのことでした。

御注意:なんでもふね遺産の見学については本年12月をもっていったん中止もとの
お話もございましたので、ご興味がある方はお早目に
詳しくは株式会社商船三井さんのHPでご確認ください。見学者にはもしかしたらお土産
があるかも・・・。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

次回のふね検
平成30年11月11日(日)開催 ※お申込みが可能になり次第お知らせします。
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。