FC2ブログ

座礁船から見る船の豆知識

はじめまして。USAKOの友達の
USAKOデラックス です。 
石狩浜に珍客が現れました。あまり船のことをしらない人にも興味をもってもらえるように、簡単な解説付きでレポートします 

3月21日の暴風でベトナム船籍の貨物船ドンフォン号(乗組員20人、5552トン)が北海道石狩湾新港近くの石狩浜に座礁しました 


【写真その1】
【写真その1】

錨泊中(錨を使用して停泊中)に走錨(錨を入れたまま流される)したようで、左舷(船の左側)の錨を投錨(錨をおろすこと)し、
単錨泊(片舷の一つの錨で錨泊。両舷の二つの錨で錨泊することを双錨泊また二錨泊と言います)していたのが分ります。
錨鎖(錨が付いてるくさり)には1節(約25メートル)毎にマークが付けられているので、マークを見るとどのくらいの長さの錨鎖を出していたか分るのですが、見える範囲にマークはありませんでした。
一般的に単錨泊よりも双錨泊、また錨鎖を長く出したほうが走錨しにくく、底質(海底の表層)は泥が良いとされています。


【写真その2】
【写真その2】

座礁(浅瀬などに乗りあげて動けなくなること)して4日目には船体中央部にかなりの砂がたい積していました。
船体中央にはジャコブスラダー[ジャコップ](縄梯子)が見えます。通常、岸壁から船に乗り降りする時はギャングウェイ(ギャングウェイラダー)と呼ばれるタラップを使いますが、海上のパイロットボートから水先人[パイロット](船を安全に出入港させるため船に乗り込み操縦の指揮をとる人)が船に乗り移る時は、このジャコップを使います。
その右側に見える白い点線はドラフトマーク(喫水標)と呼ばれるもので船底から水面までを距離を示しています。ドラフトマークの上には満載喫水線標と呼ばれるマークが見えます。この船の満載喫水線は約8メートルの所にあるので、満載時には8メートル以上の水深が必要となります。


【写真その3】
【写真その3】

船首付近にはマストから伸びるワイヤーに黒い球形の物体が見えます。これは海上衝突予防法という法律で定める形象物です。
黒球1個の形象物は錨泊中の船舶を表しています。
この法律では、乗り揚げている船舶は『球形の形象物3個を垂直線上に掲げる』こととなっていますが、錨泊中?という事になっています。
船名の下に白いマークが書かれていますが、バルバス・バウマークと言って船首が球状船首(普通の船首の場合よりも、同じ燃料の消費量でスピードを出す)になっているで「近づくな」と言う警告です。
また船首にもドラフトマークがありまして、喫水を見ると2メートルとなっていますが、2メートル砂に船体が沈んでいる状態でした。



【写真その4】
【写真その4】

3月29日からは、船首左側沖合に見える海難救助船「航洋丸」(2474トン 出力1万馬力 http://www.nipponsalvage.co.jp/senpaku.html)が離礁させるための曳航作業をおこなっています。
この海域は遠浅となっていて、沖合約1キロまで水深が数メートルしかありません。そのため航洋丸は約1キロ沖合から曳航用ワイヤーを使って作業をおこなっています。


【写真その5】
【写真その5】

右舷の錨を船首甲板の上に引き揚げ、右舷のホースパイプ(錨鎖の通り道で錨を格納する筒)から曳航索を引き込んでいるのが分ります。

4月7日現在、船首が沖合いに向きましたが、離礁できずにいます。
以上 現場から USAKOデラックスがお伝えしました。

ニックネーム:USAKOデラックス デカ
出身地:北国
得意技:釣った鮭  で自家製の『鮭トバ』『鮭フレーク』『イクラの醤油漬け』をつくること

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 座礁 サルベージ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

今回のふね検
第16回
令和元年11月10日(日)開催
令和元年10月23日17時まで申込受付中!
テツオ申込
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
船に関する歴史や文化、あるいは船を使った遊びなどについて
楽しく学び、深く、幅広い知識を修得できる検定試験、それが「ふね検」です。
当ブログは「ふね検」スタッフによる公式ブログです。

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック