FC2ブログ

宝船の職務分掌

こんにちは 松のたまころがしです
ご無沙汰してしまいましたぁ

宝船が混乗船だった話は以前にしましたが、
今回は (私の独断と偏見で決めた)
宝船の仲良し乗組員の紹介です

 恵比寿様安全運航が一番! 
船長:恵比寿神(えびすじん) 
日本古来の神様で、 エビス顔といわれるように、愛嬌がある笑顔で 福を表す「鯛」と、福を釣るという「釣り竿」を手に持っています。
最初は、航海安全の神として信仰され、のちに商売繁盛の神としても信仰されるようになりました。
 福禄寿星は航海のみちしるべ!!
航海士:福禄寿(ふくろくじゅ)

中国出身で、南極星の化身で背が低く、頭がきわめて長い容姿をしています。
福禄寿の正体には、福・禄・寿という三つの星の神様が合体した星の神様説や 仙人説などがありますが、神様だとしても、仙人だとしてもその年齢は数千歳といわれおり、長寿を司っているそうです。
    大黒天魔法の槌でどんな船も修理するぜ!  
船大工:大黒天 (だいこくてん)
インド出身で、米俵の上に乗って、右手に槌を持ち、左手で袋を背中にかけいます。
小槌と袋は限りない財宝糧食を持っていることをあらわし、 人々に財宝を授ける福の神です。
毘沙門店ch(チャンネル)16は毎日 ちぇけら! 
通信長:毘沙門天(びしゃもんてん)
インド出身で、天の四方を守護する四天王の一人として、 甲冑を着て厳しい顔をしています。
右手の槍で敵を退治し、左手の宝珠で人々に福徳を与え、別名、多聞天とも呼ばれ、知恵の神様としても信仰されています。
弁財天 お財布の紐は、常に固結び! 
事務長:弁財天(べんざいてん)
インド出身で、琵琶を持っおり、容姿端麗な七福神唯一の女神です。
もともとは水の神で、水が流れる音にちなんで、音楽・芸術の神でした。
弁『才』天は、室町時代の頃に弁『財』天と書かれるようになり、
そこから、財産の神としての性格も加わったそうです。
布袋和尚 つまみ食いしてこの体型! 
司厨長:布袋和尚(ほていおしょう)

中国出身の契此(かいし)という名の実在した禅僧だそうで、その名のとおり僧侶で、神様ではありません。
つねに福財が入った布の袋を背負い、大きな腹をして福福しい顔をしている、 その容姿から日本でも人気の福の神になったそうです。
寿老人壊血病もそっこーで解決! 
船医:寿老人(じゅろうじん)
中国出身で、白ひげをたらし杖を持ち、不老不死の霊薬を所持しているそうです。
そのため寿老人は、延命長寿の福徳を授ける福の神として信仰されてきました 。


宝船の船内娯楽は、弁財天の琵琶をバックにカラオケを楽しむことらしい・・・
司厨長の十八番はもちろん「バンビーナ」


tag : 宝船 乗組員

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

次回のふね検
令和2年11月8日(日)開催 ※お申込みが可能になり次第お知らせします。
前回のふね検
令和元年11月10日(日)開催
 検定会場
 合格発表
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
船に関する歴史や文化、あるいは船を使った遊びなどについて
楽しく学び、深く、幅広い知識を修得できる検定試験、それが「ふね検」です。
当ブログは「ふね検」スタッフによる公式ブログです。

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック