FC2ブログ

ヤマトタケル 南房総伝説

ヤマトタケルに関連する 海上信仰の続きです
走水から房総半島に渡ろうとしてシケに遭遇しましたが、
なんとかシケが治まり、無事に上総に渡る事ができました

ヤマトタケルは辿り着いたその場所に暫らく留まり、
オトタチバナヒメのことを思って下のような歌を詠みました

「君さらず 袖しが浦に立つ波の その面影をみるぞ悲しき」

この歌の一節「さらず」が転じて「木更津」という地名となったと伝えられています
君津市の地名も上記の歌に由来するそうです

さらに身を投げたオトタチバナヒメ袖が流れ着いたことから、
お隣は「袖ヶ浦市」と名づけられたそうです

・・南房総には このように ヤマトタケルにまつわる伝説がたくさんあります

以前の記事は
→ 走水神社
→ ヤマトタケル ~愛妻伝説~ キャベチュー



前回の質問 Capt.の肩章は何本船
 肩章は皆さんご存知ですよね。 船長は本、一等航海士は本となります。

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

前回のふね検
平成30年11月11日(日)開催
 検定会場
 受験者特典
今回のふね検
第16回
令和元年11月10日(日)開催
令和元年10月23日17時まで申込受付中!
テツオ申込
ふね検ウェブサイト
ふね検サイトバナー
ふね検公式サイトはこちらから!
ふね検チラシ練習問題解答
ふね検チラシの練習問題の解答です
クリックすると関連ページが開きます。
Q1 危険な生物
Q2 船の円窓
Q3 帆船の最高儀式
Q4 結びの王様

小型船舶免許試験機関サイト
JMRAバナー
協力
サンキューバナー
ふね検は以下の企業や 団体にご協力いただい ております。(順不同)


navios 横浜

神戸コンチェルト

ロイヤルウイング

シナコバ

日本郵船氷川丸

松栄丸

鳥羽水族館

八甲田丸

成山堂

太平洋フェリー

サンタマリア

アクアライナー

try_angle.gif
最新記事
ふね検スタッフTwitter
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

ふねけん

Author:ふねけん
船に関する歴史や文化、あるいは船を使った遊びなどについて
楽しく学び、深く、幅広い知識を修得できる検定試験、それが「ふね検」です。
当ブログは「ふね検」スタッフによる公式ブログです。

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック